BIOGRAPHY

Koddy, a reggae Sing-Jay from Fukuoka, Japan, who has made History being one of the first Female, Japanese Reggae Artists to tour not only Japan, but the U.S. and Jamaica in one tour. Her career began in her home town in 1999 where she began performing at many local nightclubs and was immediately loved for her vibrant stage presence and loving interaction with the masses. In 2005 she moved to Tokyo, Japan where Koddy's stage craft, repertoire and total artist development bloomed over the years, ultimately making her a major figure in reggae music.

In 2010, Koddy joined the Rebel Soulz camp, and has since performed all over the world and in such music festivals as 'GT Taylor's Reggae Christmas Extravaganza' 2013 and Trench Town's BOBFEST 2014 Trench Town Rock, in Jamaica, where she made herself and her country proud and mesmerized her audience with breath taking performances. She has her fans on their toes as she steps on stage. In fact, so strong is Koddy's impact, it proves that this Japanese Artist is something the Jamaican public yearns for and they don't hesitate to show their love for her.

Some of Koddy's earlier hits include her 2009 record, 'あーだこーだ', on the compilation album '無限十六 vol. 4', produced by Japanese producer, Infinity 16 - Tela-C; her 2010 record, 'Dance Floor' on the compilation album 'Street Ryders vol .1' produced by Japanese producer, Hase-T; and her 2011 record 'Beautiful Day' featuring Major Label, Japanese Artist Moo min, produced by Yossim & Koddy and Executive Produced by Koddy.

Koddy's has since signed with her Family label, Rebel Soulz, who produced her more recent hits which include 2012 records 'I Love You (Soul Food Riddim)' and 'I Love You (Tech Remix)'; 2013 records 'Power (Power Riddim)', 'Hustla (Work So Hard Riddim)'; co-produced with Bayerman Productions and 'Peace (6 East Riddim)'; 2014 record 'My Style (Style Riddim); all of which enjoyed major airplay on the airwaves from the most popular radio and television stations in Jamaica from Irie FM to Suncity Radio and Hot 102 to Hype TV, CVM and TVJ. Koddy's music resonates with conscious, sincere energy. She has the world falling in Love with her distinct Attitude and Style and maintains a passion for music.

コーディー(Koddy)は福岡県出身で、日本人女性のレゲエアーティストとして初めて国内だけではなく、アメリカからジャマイカまでもツアーをしたレゲエ歌手シンガー&Deejayの一人である。

1999年に地元福岡のナイトクラブから始まり、その華やかな存在と観客との暖かいやり取りから、直ちにファンから愛されるようになった。2005年に彼女は上京。それからステージテクニックを磨き、さらにレパートリーを増やし、レゲエ界でも重要なアーティストへと発展していった。

Koddyは2009年リリースのオムニバスアルバム『無限十六Vol.4』(日本人プロデューサーINFINITY 16 - TELA-C)の曲『あーだこーだ』や、2010年リリースのオムニバスアルバム『STREET RYDERS vol .1』(日本人プロデューサーHASE-T)の『Dance Floor』に参加。また、2011年には、自身がプロデュースした『Beautiful Day』feat. Major Label日本人アーティストMooMin(プロデューサーYossim & Koddy)などで知られている。

2010年にレベルソウルズ(Rebel Soulz)に加わってからは、ジャマイカブラックリバーで行われたGTテイラー主催のビッグ野外イベント、レゲエクリスマスショー(GT Taylor’s Reggae Christmas Extravaganza)に出演。2014年にはキングストンはトレンチタウンで開催されたボブ・マーリー誕生日イベント(BOB FEST2014 Trench Town Rock)に出演、現地ジャマイカンバンドとの共演を果たした。ショーでは、 ボブ・マーリーのTrench Town Rockを歌い大きな歓声があがり成功をおさめた。彼女のステージでは息をのむようなパフォーマンス、インパクトの強さで観客を魅了し、会場に訪れた多くのジャマイカ人からたくさんの良きレスポンスを受け日本人として誇らしい実績を残した。

Rebel Soulzと契約してからの楽曲は、2012年『I Love You』(Soul Food Riddim) 同時に『I Love You(Tech Remix)』、2013年『Power』(Power Riddim)、ヨーロッパ発信のオムニバスアルバム『Work So Hard Riddim』(ポーランド人ダンスホールレゲエプロデューサーBayerman Productions)の『Hustla』に加え、同年Rebel Soulzからリリースされたオムニバスアルバム『6East Riddim』に『Peace』が収録された。2014年、『Style Riddim』でKoddyが初の全編パトワ語で歌った曲『My Style』は記憶に新しい。『My Style』はジャマイカで一番人気のDj KennyのMixCD『Night Life Dancehall Mix』と『Side Bomber Dancehall Mix』に2連続で収録された。

彼女の全ての曲は、ジャマイカ国有ラジオ Irie FM(アイリーF.M) を始め、Suncity Radio、Hot 102 Jamaica、Hype TV、CVM、TVJなどのさまざまなジャマイカの人気ラジオ局やテレビ局で放送されている。Koddyの個性あふれるスタイルやアティテュードはジャマイカ人の心を掴み、彼女の【音楽】は日々進化し、心から誠実な歌詞とバイブスでジャマイカ、全世界へ発信し続けている。

LATEST RELEASE...

KODDY - HOW YUH MEAN